近未来系占い師 葵井紀貴

占いをメインに、幸せナビゲーターとして活動する鑑定士です。


スポンサーリンク

松坂大輔様

こんにちは、葵井紀貴です。

 

 

プロ野球選手、松坂大輔投手がソフトバンク球団から戦力外通告され、退団することが明らかになりました。

 

 

夢を見ない男 松坂大輔

夢を見ない男 松坂大輔

 

 

「平成の怪物」と異名を取った松坂大輔投手。

 

 

高校野球で有名な横浜高校出身。

 

 

3年生夏の決勝の京都成章高戦では史上2人目となるノーヒットノーランを達成するなど伝説を残しました。

 

 

高校卒業後、ドラフト1位で西武入団。

 

 

いきなり、16勝5敗で最多勝とともに新人王を獲得。

 

 

以来、3年連続で最多勝という素晴らしい成績も収めました。

 

 

2007年にはメジャーリーグレッドソックスに入団。

 

 

入札額は日本円で60億以上、ワールドシリーズに貢献しました。

 

 

2011年には右肘の手術、2015年にはソフトバンクに入団するも、右肩を手術。

 

 

ソフトバンクの3年間では、リハビリの日々を送る生活が続き、1勝も出来ないままチームを離れることとなってしまいました。

 

 

松坂投手は現役続行を希望しており、今後は日本国内で練習を続けながら移籍先を探すそうです。

 

 

スポーツ選手にとってケガは付きものといっても過言ではないと思います。

 

 

まずは健康でなければ試合には出れません。

 

 

プロの世界、結果が全てです。

 

 

球団としても優勝のために選手を集めています。

 

 

今回の結果はしょうがないでしょう。

 

 

ただ、松坂投手もなかなか試合に出られい、リハビリの日々で精神的にもダメージは大きかったと思います。

 

 

年齢は37歳、プロで雇ってくれる球団はあるのか?それとも社会人野球などに行くのか?はたまた裏方に回るのか?気になるところです。

 

 

そんな松坂投手を今回も勝手に四柱推命で見てみました。

 

 

四柱推命

 

松坂大輔さん

1980年9月13日

 

f:id:aoimotoki:20171116145756p:plain

 

 

月支元命 傷官

  • 個性的でオリジナリティが強くプライドは高め
  • 神経質で本来の性質を出さないが感受性が強く同情心もある
  • 正義感があるので反抗的に思われることもある
  • 人間関係に苦労しやすい

 

 

日柱十二運 墓

  • 仲間付き合いが好きで周囲を観察し、連帯意識と計画性を持つ
  • 年上や信用のできる人の意見を聞き判断を求める
  • 仕事から友人関係を広げ約束は守り信用されるように考えて行動する
  • 相手に合わせすぎるところがあり決断力が弱い

 

 

月柱十二運 長生

  • お世辞が上手で、組織や人を動かすことや活用するのがうまい
  • トップより二番手の立場に合い手頃な責任感がある
  • 現実・現在の事を中心に考える
  • 誰とでも仲良くなれるが自分の心はすぐにはオープンしない

 

 

吉凶星 文昌貴神

  • 文章の才能があり自己表現ができる
  • 学問的知識が深い

 

 

吉凶星 血刃

  • 病気や事故、ケガや手術などで血を見る事がある

 

 

吉凶星 亡神

  • 吉運を無くす
  • 病気など内部からの災厄にあう

 

 

吉凶星 華蓋

  • 孤独になりやすくのめり込みやす
  • 学問・芸術・宗教の星

 

 

松坂さんの命式を見ると

  • 交友関係は広い
  • 自分の意志で動くより会社の指示で動くとよい
  • 人に教えることに向いている

 

 

大運

 

 

f:id:aoimotoki:20171116145757p:plain

 

 

9ー18歳の大運では、方合会局の年で運勢の勢いが強い年、運勢の後押しのある年で、大吉の大運でした。

 

 

高校野球の結果をみても分かる通り、優秀な結果を収めました。

 

 

19ー28歳の大運では、衣食住に恵まれたり、人気運もある大運、海外のテーマもやってきてメジャーリーグへの移籍もありました。

 

 

29ー38の大運では、お金にそこそこ縁があったり、変化改革しなければならない年で再び日本に戻ってきました。

 

 

2017年は始まりや終わりが起こる年、結果の出る一歩手前、拡大より縮小の年で、ソフトバンク退団も運勢通りだと思います。

 

 

2018年は方合会局の年で運勢の勢いが強い年、希望する球団になかなかうまく交渉が進まない可能性があります。

 

 

まずはケガを治すことに専念した方がいいかもしれません。

 

 

こんな感じでしょうか。

 

 

これからもたくさんの幸せが訪れますように。

スポンサーリンク