近未来系占い師 葵井紀貴

占いをメインに、幸せナビゲーターとして活動する鑑定士です。


スポンサーリンク

宮根誠司様

こんにちは、葵井紀貴です。

 

 

フリーアナウンサー宮根誠司さんに強烈な文春砲が炸裂しました。

 

 

ミヤネ式らくらくボディメイク法

ミヤネ式らくらくボディメイク法

 

 

2012年1月に「女性セブン」に掲載された「宮根誠司に隠し子!語り尽くした4年の苦悩」とする記事は、宮根さんが作った“美談”であるとして、愛人Aと報じられた女性が告発しました。

 

 

Aさんは「女性セブン」の記事を読んで憤りを感じました。

 

 

宮根さんは1993年に結婚。しかし04年に離婚。

 

 

06年8月に、前妻と結婚中に交際が始まっていた現在の妻と再婚する。しかしAさんとは04年6月に知り合っており、宮根さんは再婚後もAさんとの交際を続行。

 

 

07年6月にAさんの妊娠が発覚。この時初めて宮根から再婚していることを知らされた。そして08年2月、Aさんは女児を出産し認知されている。

 

 

ということは、Aさん、妊娠を告げるまで再婚していることを内緒にされ、宮根さんに二股をかけられていたということです。

 

 

アナウンサーだけに、女性に対する言葉使いや隠し方が上手かったのでしょう。

 

 

今のところ、来年4月以降も「ミヤネ屋」を継続予定だそうです。

 

 

それにしても番組で「取り扱いNG」が出ているようで、芸能界の深い闇を感じます。

 

 

残念ながら「嫌いな司会者」として名前も上がることもあり、例えばネット上でもっと話題に上がれば司会業も危ういかもしれません。

 

 

以前は視聴率も良かったけど、最近では「ゴゴスマ」や「グッディ」が好調です。

 

 

今回のネタを番組で扱わないと、さらに視聴者からのクレームも予想できます。

 

 

今後の動きが気になるところなので、今回も勝手に四柱推命で見てみました。

 

 

四柱推命

 

宮根誠司さん

1963年4月27日

 

f:id:aoimotoki:20171207145133p:plain

 

 

月支元命 偏印

  • 独特の感性・発想を持ち、自分の好きなやり方以外は受け付けない
  • 本来持っている性質や考え方が変わりやすく浮き沈みが多い
  • 自由でマイペースで人気もある
  • 不安定な生活を送りがちで職が変わりやすいこともある

 

 

日柱十二運 死

  • 文句や理屈を言わずに、黙ってなすべきことを実行する
  • 話の要点を早く知りたがり、記憶力が抜群だが批判力もある
  • せっかち気味だがコツコツと努力する働き者
  • お節介や世話をやかれることが苦手

 

 

月柱十二運 養

  • 慎重な姿勢を持ち、人一倍不安を感じやすく、安心感を求める
  • 愛情を込めたプレゼントをするのが好き
  • 無視されることがイヤで孤独感を味わうのが苦手
  • 初めての人や新しい環境に入るのが苦手で社会的に認められたものを信用する

 

 

宮根さんの命式を見ると

  • 出世は早い
  • 交友関係は広い
  • 自分の思いで動くより、周りの指示に従って動くとお金は入ってくる

 

 

大運

 

f:id:aoimotoki:20171207145134p:plain

 

 

49ー58歳の大運

  • 自分が目標としていた物を手に入れやすい
  • 金運など期待できる

 

 

この大運では、自分から積極的に向かえばお金が稼げる大運です。

 

 

2017年は自分の立場が危うくなる年、男女のトラブル、ストレスの貯まりやすい年です。

 

 

今回の件も考えられますね。

 

 

2018年は病院の縁が多少強まります。

 

 

また、忙しくトラブルも起りやすく、悪く出ると何かが終わる、解散の暗示もあります。

 

 

もうそろそろ節木運を迎えます。

 

 

なので大きな動きがあってもおかしくありません。

 

 

こんな感じでしょうか。

 

 

これからもたくさんの幸せが訪れますように。

スポンサーリンク