近未来系占い師 葵井紀貴

占いをメインに、幸せナビゲーターとして活動する鑑定士です。


スポンサーリンク

小室哲哉様

こんにちは、葵井紀貴です。

 

 

音楽プロデューサーで、ミュージシャンの小室哲哉さんが、引退を表明されました。

 

 

小室哲哉―50年の軌跡

小室哲哉―50年の軌跡

 

 

2018年1月の芸能ニュースの中では一番騒がれたかなと思います。

 

 

今回も毎度おなじみ”週刊文春”の報道で、いわゆる”文春砲”が炸裂したと思いきや、世間一般ではスクープした文春が非難を浴びています。

 

 

わたくし葵井の個人的意見は、いつも通り

 

 

僕に何一つ迷惑かかっているわけではないので「ふ~ん、そうなんだぁ」

 

 

くらいしか思っていません。

 

 

まぁ、占い師やっていて思うのが、

 

 

運命的な人は一生に一度しか会わないなんてことはない

 

 

と思っているからです。

 

 

人生80年として考えても、素敵な出会いなんてたーくさんあるもーん。

 

 

ちなみに今回の文春さんは、「不倫疑惑」を報じました。

 

 

「疑惑」なので「不倫かも」っていうことでしょ?

 

 

なのでびみょ~な感じ?グレーゾーンっていうことでよろしいでしょうか。

 

 

ちなみに文春の記事も小室さんの会見をしっかり見ていないので何とも言えませんが。

 

 

しかし、とあるコメンテーターもおっしゃっていましたが、

 

 

小室さんは作詞や作曲を制作していますが、大きく見ると芸術家であります。

 

 

別に芸術家が引退表明しなくてもいいんじゃないかと思います。

 

 

去年発表された安室奈美恵さんにも同じことが言えると思います。

 

 

もちろん、ずっと同じことをやっていれば壁にぶつかったり、マンネリを感じたり、成長が止まったと思うことはあるでしょう。

 

 

そんな時は新しい趣味をもったり、音楽とは全く関係ない仕事をして、一度リフレッシュしてからまた音楽をやってみていいと思います。

 

 

個人的には、筋トレして身も心もスッキリすると感性が磨かれるんではと思います。

 

 

なので小室さん、引退撤回しましょう。

 

 

また、個人的な相談は葵井が親身になってお受けいたしますよ。

 

 

そんな感じで今回も勝手に小室哲哉さんを四柱推命で見てみました。

 

 

四柱推命

 

小室哲哉さん

1958年11月27日17時5分

 

 

f:id:aoimotoki:20180126173709p:plain



申酉戌の方合会局が成立し、年・日・時の蔵干通変が傷官に変わります。

 

 

月支元命 偏財

  • よく動き好奇心も強く何事にも関心を持ち遊び好き
  • 交際範囲は広く世話好きで義理と人情に厚い
  • 臨機応変に対応でき、器用で商売センスがある
  • 落ち着かず慌ただしい面がある

 

 

日柱十二運 病

  • 駆け引きや商売が上手く、また芸術的な才能にも恵まれ金儲けは上手い
  • 潔癖症で感受性鋭くデリケートなので怪しい人には人一倍敏感
  • 社会の裏を知ると、世間を信用しなくなり用心する
  • 神経質で心配性でストレスを溜めやすく不潔なものは苦手

 

 

月柱十二運 絶

  • 直感や瞬発的な判断が優れてそれを実行に移すのが早い
  • 目上に対して礼儀を守り、目下には気さくに対応する
  • 自分を抑えることが苦手で普段は気が小さくて臆病な面もある
  • 自由な立場や束縛の無い生活を求め不連続な仕事やタレント的な仕事を好む

 

 

吉凶星 文昌貴神

  • 文章の才能があり自己表現ができる
  • 学問的知識が深い

 

 

吉凶星 暗禄

  • 見えないところに救いの神があり、困難に陥っても助かる
  • 先祖の守りや晩年の財運に期待できる
  • 体を思うように動かし、要領よくいろいろな物事を処理できる

 

 

特殊星 陽差

  • 酒、女好きで、異性とのトラブルに注
  • 結婚運の波乱や配偶者との関係がスムーズにいきにくい

 

 

小室さんの命式を見ると

  • 職人的な仕事をすると良い
  • 大きな財と縁がある
  • お金の件で苦労することがある

 

 

大運

 

f:id:aoimotoki:20180126173701p:plain

 

 

55ー64歳の大運

  • 多忙で落ち着かず流動的
  • 成果は出にくく整理や準備をする時

 

 

この大運では、物事が繰り返し、終わりに何かを失うことのある大運です。

 

 

特にお金に関して、また気持ち的にも動揺することがあるでしょう。

 

 

2017年は自分が望まなくても変化させられる運勢です。(2018年1月は2017年の運勢です。)

 

 

なので、週刊誌の報道を受け、決断したのでしょう。

 

 

ちなみに、節木運後の新たなスタートを迎える年なので、引退も納得です。

 

 

やはり節木運は半分以上の生活の変化があると言ってもいいでしょう。

 

 

それにしても音楽業界引退されて今後なにするんでしょうかねー。

 

 

芸能人なんかいいかもしれませんね。

 

 

こんな感じでしょうか。

 

 

これからもたくさんの幸せが訪れますように。

スポンサーリンク