近未来系占い師 葵井紀貴

占いというツールを使い、楽しい人生になるような提案やアドバイスをする自由度高いバイク・シグナスxで走り回る鑑定士のブログです。


スポンサーリンク

渡辺明様

こんにちは、葵井紀貴です。

 

将棋の名人戦七番勝負第6局が2020年8月14、15日の2日間、大阪府大阪市の関西将棋会館で行われ挑戦者の渡辺明二冠が、豊島将之名人に99手で勝利し、シリーズ成績4勝2敗で名人獲得に成功しました。

爽快!3手詰トレーニング200 (マイナビ将棋文庫)

爽快! 3手詰トレーニング200

おめでとうございます!

竜王、棋王で永世称号の資格を持つ名棋士が、2000年4月のプロデビューから丸20年となった年に悲願を達成。36歳3カ月での新名人は歴代4位の年長記録となります。

対局後、渡辺二冠は名人となったことについて、

「初挑戦だったこともあって、意識することはなかったので、ちょっと実感はないですね。ちょっと自分には縁がないなと思っていたので、そういう意味でも実感がないですね」

と答えると、今後については、

「タイトル戦はもう今年はないので、名人戦の前にタイトル戦が続いていたこともあるので、少し休んで次に備えたいです」

と語りました。

ここまで名人挑戦は一度もなく、2017年度には勝率が5割を切る不振で、8期連続だった順位戦A級からB級1組に降級。しかし、2018年度のB級1組で全勝しA級復帰を果たすと、2019年度のA級は史上4人目となる全勝で挑戦権を獲得。2019年度の将棋大賞・最優秀棋士賞を受賞し、“現役最強”とも呼ばれ、今回の名人獲得で再び現在唯一の三冠保持者となりました。

これでまた将棋が盛り上がること間違いなしです。私も無料の将棋ゲーム始めちゃいました。

 

そんな感じで今回も勝手に渡辺明名人を四柱推命でみてみました。

四柱推命

渡辺明さん

1984年4月23日

f:id:aoimotoki:20200816112553p:plain

月支元命 傷官

  • 個性的でオリジナリティが強くプライドは高め
  • 神経質で本来の性質を出さないが感受性が強く同情心もある
  • 正義感があるので反抗的に思われることもある
  • 人間関係に苦労しやすい

 

日柱十二運 胎

  • イメージ力があり現在の事よりも未来を考えるのが好き
  • 他人に干渉しないし、自分も干渉されることを嫌がる
  • 環境に左右されやすく即決することは苦手
  • 考える時間や休む時間を取って頭の整理をする

 

月柱十二運 衰

  • 危険な挑戦をすることなく、守りや防御能力の才能を持つ
  • 技術・資格・独特の才能をある人を好む
  • 初めて会う人には用心深くなりすぐには打ち解けない
  • 積極性に欠けたり未来を考えたり予想するのが苦手でチャンスを逃しやすい

 

吉凶星 天乙貴神

  • 凶星を吉星に変えて援助をもたらす
  • オリジナリティの才能があり、学問知識や技芸を助けてくれる

 

吉凶星 天徳貴神 月徳貴神

  • 凶運を平運に変わり、吉運を大吉運変える働きがある
  • 二つの星がそろうと福分が厚く、命式の悪を助ける

 

渡辺さんの命式をみると、

  • 裏表がない
  • 自分の生きる世界で名が広がる
  • 若い時の仕事が一生の仕事にできる

大運

f:id:aoimotoki:20200816112557p:plain

35ー44歳の大運

  • 運命作用があり変化しやすく意思をはっきりする時
  • 始まりや終わりが起りやすい

この大運では、命式の子辰、大運の三合会局の10年で、運勢の勢いがとても強い大運です。今までのことが終わり、新しいことに挑戦していく時でしょう。非常に重要で濃い大運でしょう。

 

2020年はリスタートの暗示のある年、スキルアップに期待できる年、あまり家でリラックスできない年でしょう。将棋以外の仕事を増やしてもいいかもしれません。

2022年の”天地徳合”は重要な年で、2020年・2021年は2022年の準備期間として動くと良いでしょう。

 

こんな感じでしょうか。

 

これからもたくさんの幸せが訪れますように。